日常ステッキ(転んだ先の知恵)

限りなく偏愛に満ちた音楽、映画、文学、アート、その他日常に感じる素敵な事柄、あるいは事象に関する覚え書

1日だけの夏の終わりのプレイリスト

あれだけうるさかった蝉の合唱もぱたっと止み
わずか数日の地上の夢を抱いてねむる蝉の亡骸が
路上ところどころ、ゴロンと転がっている。
もののあはれを感じながら
ひとり秋の気配を読み解く今日この頃。

今年は梅雨が長引いたせいで
夏はなんだか短かった気がしないでもない。
流石に八月は暑かったけれど、連日の猛暑というほどでもなく
例年に比べて過ごしやすかったように思う。
暑さが苦手なものにとってはありがたい夏だった。
残暑はまだまだしばらく続くだろうが
四季は緩やかに表情を変えてゆくのがいい。
このわずかなひと時の移ろいに身を寄せてみたい

さて、これまでも季節絡みで
いろいろと音楽セレクションを書いてきたけれど
今日は、たった1日、その短いタームでのプレイリストと称して
セレクトしてみたいと思う。

先日友達と深夜まで飲んでいたバーで
アナログレコードで素敵な曲を
たくさんプレイしてもらったあの感覚が忘れられずにいる。
その場所は空間もよく、音響がすこぶる良かったものだから
いつも聞いている音が全く違う音に聴こえてびっくりした。
改めてアナログの良さを再発見しているところ。

レコード熱が密かに湧き始め
いっちょ、音響システムでも構築すんべか
なんてことも頭をかすめたのだけれど。
おそらく、そこまで深入りすることはない、
それはモノに縛られる生活をすでにどこかで諦めているからで、
自分が今更物質的欲望に熱をあげるのは
ちょっとした退行のようなものに思えるからだが、
だからと言って、あの生音の良さはなかなか忘れがたく、
あくまで、想像に頼りながらも
自分も一つ、一枚一枚丁寧にレコードを手になじませながら
針を落とす、あのこなれたアルチザンのごとき軽やかを伴う
悠久のDJプレイを夢見ながら
たまにはユーチューブに頼ってプレイリストを書いてみるとしよう。

湘南が遠くなってゆく:七尾旅人

夏といえば海というのはあまりにもベタなんだけど
まあそこはご勘弁。
海といえばいろんな曲が思い浮かぶけど
僕の場合は湘南はサザン、ではなくて旅人だな。
歌詞の中身はどうやら梅雨っぽい曲なんだけどね。
でもいいや。この潮騒にキュンとするなあ。


七尾旅人 "湘南が遠くなっていく" (Official Music Video)

海と少年:大貫妙子

アッコちゃんのカバーのう方も元気があって好きだけど
やっぱり、オリジナルの方がいいかな。
去りゆく夏を素肌に感じながら
秋に気配を感じるまさにぴったりの季節感あふれたナンバー。
坂本龍一アレンジが秀逸なシティポップの名曲だ。


Takeo Onuki (大貫妙子) - 海と少年

Persian Love:Holger Czukay

もう何回も取り上げている定番ミュージックで新鮮みはないけど
不思議と飽きがこない魔法のサウンドテクスチャー。
聞いているとなぜだか夏の終わりを意識するんだな。
ホルガーの透明感あるギター。
そして短波ラジオからのエキゾチックボイス。
川沿いを歩きながら、夕陽が川面に溶け込む頃に
この曲を聞いているとたまらない気分になってくる。


Holger Czukay - Persian Love 【HQ】

Canções E Momentos: MILTON NASCIMENTO

ブラジルの至宝ミルトンの黄金ボイスが
ちょうど去りゆく夏の黄昏時の夕陽に溶け込んでゆくような趣きがある。
曲名を訳すと「歌と瞬間」という曲になるのだが
悠久の時間の中、一瞬に一瞬に感じうるサウダージ感が
なんともたまらないナンバー。


MILTON NASCIMENTO CANÇÕES E MOMENTOS

クレイジーサマー:キリンジ

渋い曲、名曲ぞろいのキリンジの曲のなかでも好きな一曲。
まだ、兄弟でやっていた頃の息のあったフィーリングが懐かしい。
歌詞をこうやってじっくり聴いていると、
夏の終わりっていうのは面白いまでの喧騒から離れて
寄せて返す波と光の戯れなんかに身を寄せて
知らず知らずに物事の終わりを噛みしめ
そこにまた去来する様々な思いを重ね合わるなんてのも悪くはないなと思う。


Kirinji - Crazy Summer キリンジ クレイジーサマー

少年:THE GESHA GIRL

確かにイロモノアルバムなんだけれど
名盤中の名盤だと個人的には思っているこのアルバムの中で
この曲は掛け値無しに名曲だと思う。
ダウンタウンのもつ永遠の少年性みたいな
そんな純粋さなんかがうまく歌詞になっているそんな“真面目な”名曲だ。
曲調も実に素朴で
おそらくはサイモンとガーファンクルの『THE BOXER』あたりを念頭に
教授があのダウンタウンのために結構真面目に書き下ろしたんだろうな。
もったいないぐらいいい曲だ。


少年 - Geisha Girls

さらば夏の日:山下達郎

達郎には夏のチューンがたくさんあるけど、
この曲はまさにタイトル通り、
僕にとっては青春に日々に聴いた夏の終わりの定番だ。
「一番素敵な季節が終わる」なんていう
あまりに直球すぎる歌詞が響くけど
ロマンチックな哀愁が漂っている。
あまり安っぽいイメージばかりを想起するのは
野暮だからこれ以上はやめておこう。


山下達郎-さよなら夏の日-MV/Tatsuro Yamashita-Sayonara natsu no hi(Goodbye summer day)

夜の海:桑名正博

やっぱりいいんだなあ、桑名さんの歌は。
ギター片手の弾き語り。
心に染みるなあ。
中でもこの曲は名曲中の名曲だと思う。
若いころの派手なイメージより
晩年のナチュラルな雰囲気の方によりぐっとくる。
「さよならの夏」というそのものの曲があるけれど
あえて、こちらをセレクトしておこう。
妹の晴子とのデュエットがこれまたたまらない哀愁をそそります。
いいな、兄妹でデュエットって。
レコードでの晴子バージョンも素敵だ。


夜の海

さよならCOLOR永積タカシfeat.忌野清志郎

さよならから始まることがたくさんあるんだよ・・・
そう歌われるこの曲が本当に心にしみる。
SUPPER BUTTER DOG のバージョンもいいんだけど
やっぱり清志郎とのデュエットがたまらないな。
映画は見ていないけど、
サントラだけ聴いていても想いに浸れる。


永積タカシ&忌野清志郎 「サヨナラCOLOR」

はらいそ:細野晴臣

トリはこの人。
真夏に聴いてよし、ヒーリング、チルアウトでもよし。
黄昏時ならなおによし。
言わずものがなの仙人ハリーの名曲。
最後はやっぱりここに辿り着いてしまうんだなあ。
「住めば都の大都市」に暮らしている自分にとっての
まさにエキゾチックララバイってわけよね。


Haruomi Hosono and The Yellow Magic Band - 09. Paraiso